oss

  1. トップページ
  2.  >
  3. SPECIAL !
  4.  >
  5. 5733-OPS オープンソース for IBM i

5733-OPS オープンソース for IBM i

5733-OPSとは 5733-OPSとは

・IBM 提供の IBM i 専用オープンソース
・無償で利用可能(ライセンスキーは不要)
・2014年12月より提供開始
・個々のプロダクトはオプション導入後 PTF により導入
・2016年7月よりグループ PTF の提供開始
  V7R1:SF99123
  V7R2:SF99223
  V7R3:SF99225
  V7R3 は、配布メディアに含まれる
※ 5733-OPS ライセンスインストールでは各オプションは使用できません
※ 利用するためにはグループ PTF(SF99223)の適用が必要です
※ ご利用中の機械に紐づいた IBM ID が必要です
・最新情報は IBM DeveloperWorks を参照

提供されているプロダクト(2018年3月現在)

オプション15 まで用意されている

オプション 1 Node.js V1 ・サーバーサイドで動く JavaScript の実行環境
・PHP、Ruby、Java のような専門用語ではなく JavaScript で記述可能
・ネットワークプログラミングを簡単にできるように作られた言語
オプション 2 Python 3 ・様々な分野のアプリケーションで使われている動的プログラミング言語
・人工知能や機械学習の分野では Python が使われていることが多い
オプション 3 GCC & CHROOT  GCC:UNIX、Windows などで動作するフリーのコンパイラ
 CHROOT:ルートのディレクトリを変更してくれるコマンド
オプション 4 Python 2 ・Python の旧バージョン
オプション 5 Node.js V4 ・Node.js と io.js の再統合版
オプション 6 Git ・IBM i で利用可能なバージョン管理システム
・IBM i で一元管理
・外部の Git ホスティング・サービスとの連携が可能
オプション 7 Tools ・プログラム作成に補助的に用いられるプログラム群
オプション 8 Orion ・SEU に変わるもの
・ブラウザから IBM i の Orion サーバーにアクセスしコーディング可能
・フリーフォームRPG や PHP などの開発が可能
オプション 9 Cloud-Init ・cloud instance に対して、設定や拡張性を提供するためのパッケージ
・インスタンス起動時などに動作して、OS の各種設定をしてくれる
・独自の設定を記述することによりユーザーが任意の設定にすることが可能
オプション 10 Node.js V6 ・Node.js の最新版
オプション 11 Nginx ・高速に動作する Web サーバーのソフトウェア
・UNIX 系 OS と Windows に対応
オプション 12~15 未決定  未決定

導入手順
1. Electrical Software Download からダウンロード
2. インストールの準備
 ・ダウンロードしたメディアファイルを FTP で IBM i に転送
 ・仮想メディア装置を使用
3. インストール
 ・ライセンスプログラムを復元(RSTLICPGM)
4. グループ PTF の適用